小児の病気・[あ]行>アナフィラキシー

アナフィラキシー

アナフィラキシー

【はじめに】
 最近、アナフィラキシーという言葉をテレビや新聞で見聞きする機会が増えてきました。しかし、いざ「アナフィラキシーって何?」と質問されたときに上手に説明するのは以外と難しいのではないでしょうか?
 アナフィラキシーは食物、薬物、ハチ毒などの原因物質による誘発される(即時型)アレルギー反応でその症状が短時間のうちに全身性に現れるものをいいます。アレルギー反応でじんましんが有名だと思いますが、「じんましんが出たけどすぐに治りました」といったものはアナフィラキシーとは呼びません。アナフィラキシーの多くは皮膚症状に加えて、喘鳴などの呼吸器症状や血圧低下を伴います。アナフィラキシーは死に至ることもある怖い病態なのです。

【アナフィラキシーは何が誘因になるの?】
・ 食物:卵、牛乳、小麦、ソバの他、エビ、カニなどの甲殻類、ピーナッツなどのナッツ類、そしてキウイ、バナナなどの南国系の果物が有名です。
・ ハチ毒
・ 薬物(抗生剤など)

※一度、アナフィラキシーを起こしたことのある物質はその後もアナフィラキシーを起こす可能性が高いため注意が必要です。

【アナフィラキシーの症状】
皮膚症状が最も多い症状でわかりやすいと思います。およそ9割の人にみられる症状でかゆみを伴うじんましんが典型的ですが、全身の皮膚が赤くなるだけの人もいます。粘膜症状としてくちびるが腫れる、まぶたが腫れる、眼が充血するなどの症状も重要で、口の中のイガイガ感や違和感などもよくみる症状です。
呼吸器症状も頻度が高く4〜6割の方にみられます。喘息のようにゼーゼーする症状は周囲の人達も把握しやすいですが、喉頭浮腫(のどの腫れ)が命に関わる重要な病態で、かつ初期症状をとらえづらい病態のため、のどの違和感、飲み込みづらさなどの症状に注意する必要があります。
低血圧は3〜4割にみられます。突然のめまいや失神などを引き起こし、呼吸器症状と並んで命に関わる病態です。
嘔気、嘔吐、下痢、腹痛などの消化器症状も2〜3割にみられます。

※ アナフィラキシーの主な死因は血圧低下(循環不全)呼吸障害であり、医療者はこの点に注意し治療にあたります。

【アナフィラキシーの症状進行のスピード】
 過去にイギリスで亡くなった164人の方たちの経過をまとめたところ、心肺停止までの時間はハチ毒などの虫刺されで約15分、食物で約30分と非常に短時間で心肺停止に至っていることがわかります。

【アナフィラキシーの治療】
 病院では症状に応じて様々な治療を行いますが、治療の基本となり唯一、治療効果の証拠があるのがアドレナリンの筋肉注射です。アドレナリンには血管収縮作用、強心作用、気管支拡張作用、メディエーター遊離抑制作用があります。早期のアドレナリン筋肉注射が治療の基本になりますが、症状進行のスピードが早い場合には病院にたどり着く前に心肺停止に至る場合があります。このため、早期のアドレナリン投与を可能にするために最近では『エピペン』と呼ばれる医療者以外の方たちが常備するアドレナリンの注射キットが処方可能になっています。(当院でも処方可能なので気軽にお尋ね下さい。)
 この他、血圧維持のための点滴、呼吸器症状改善のための酸素投与や吸入、皮膚症状改善のための抗ヒスタミン薬の投与などを行います。

【アナフィラキシーは入院が必要?】
 アナフィラキシーは治療により症状の改善が得られた場合でも二相性反応と呼ばれる、いわゆる『ぶり返し』症状がみられる場合があります。アナフィラキシーを発症した方の約6%の人たちにこの『ぶり返し』症状がみられます。初期反応から『ぶり返し』までの時間が1〜28時間と幅が広いことが知られています。そして『ぶり返し』で厄介なのは初期反応よりも軽度な場合、同等な場合だけではなく、より重篤な症状が出現する場合がある点です。このため医療者側としては、万が一の『ぶり返し』に備えて入院をおすすめします。
posted by 院長 2013年05月10日 | 小児の病気・[あ]行>アナフィラキシー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ながやまキッズファミリークリニック

Copyright© kids&family Clinic 2009, All Rights Reserved.